スポンサードリンク

コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

カラーのメリット・デメリット

皆さんが美容室で施術されるカラーに関してのことを書いていきます。


毎年のサイクルとして、

春~夏→明るいカラーが旬
秋~冬→暗めのカラーが旬

になっています。


【明るいカラーの特徴】

「メリット」

・明るいカラーは柔らかな質感になり、表情が明るく見える

・多毛・剛毛の方はボリューム感を調節できる(目の錯覚を利用)

・綺麗な色味を出すことが出来る

・明かるければ明るいほど透明感(透け感)を出すことが出来る


「デメリット」

・明るくする際はダメージを伴う

・ダメージ部分が目立つ

・褪色が早い

・髪の状態によってはパーマが出来ない(ブリーチなどの脱色剤を使用している場合)



【暗めのカラーの特徴】

「メリット」

・艶が出る

・知的な印象に見える

・明るい状態or現状の明るさから暗くする場合はダメージが無い!

・色持ちが良い

・ダメージ部分が目立ちにくい


「デメリット」

・暗くする明度幅によって、次回明るく出来る明るさの限界がある

・重たい質感になる

・色味が分かりにくい


夏は明るくされる方が多いので、必ずメリット・デメリットを理解しておきましょう!!



【脱色(ブリーチ)について】

脱色作用(ブリーチ)とは、カラー剤の中で一番明るくすることが出来る薬剤になります。


ブリーチの作用としては、毛髪内部のメラニン色素(元々髪についている色素)を破壊し、毛髪表面にあるキューティクルさえも剥がれ落としてしまいます。

皆さんがご存知の金髪にするにはこの薬剤が必要になります。

ホイルワークのハイライト(メッシュ状)としても使用されることが多いです。


明るく出来るメリットとは反対に、デメリットとしてはブリーチをした髪に基本的にはパーマの施術が出来ません!!

※極端に明るくする場合は、担当美容師さんに今後の事も必ず相談しましょう。



【黒染めについて】

就職活動などで染める黒染めですが、特に注意点があります!!


一度染めると、染めた部分は明るくすることは出来ないと理解して下さい!!

黒染めに配合されている染料は毛髪内部で発色するとブリーチを使ってもほとんど明るく出来ません!!


美容室では黒染めに関して様々な染め方があります。

・直接染料を使用してのトーンダウン

・白髪染めを使用してのトーンダウン

・通常のカラー剤を使用してのトーンダウン


※直接染料を使用しての黒染め後は、トーンアップが出来ません。

※白髪染め・通常のカラー剤を使用しての黒染め風のトーンダウンは、次回以降にトーンアップが可能です。
(※やや赤味がでます)

美容師の知識力・技術力にもよりますが、基本的に美容師に任せてもらえればトーンアップは可能です。


「黒くする期間はどのくらいか」

「黒さの度合いはどのくらいか」

「黒染め後に明るくする予定はあるのか」

「明るくする場合はどのくらい明るくしたいのか」

以上の4点を必ず聞かれると思いますので応えられる様にしておく必要があります。


経験の浅い美容師は黒染め後に明るくすることが出来ないので、出来ないと言われたら担当美容師を変える事をオススメします。


質問や相談も受け付けていますので、何かあればコメントにて受け付けます。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

JOJO

Author:JOJO
都内有名サロンで培った経験実績をもとに紹介していきますので、悩みやご相談などありましたらコメントにて承りますのでお気軽にご連絡下さい。

スポンサードリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
7110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヘアケア
429位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
最新記事
ブロ友申請はこちら

この人とブロともになる

アクセス数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。